バンド公式Twitterアカウント発足!
気軽にフォローミー!!






次回ライブは
9月30日(土)代々木Zher the Zoo
「ハレチカFes」
※THE VISIOは13時からの出演!



チケット予約
thevision555@gmail.com
にて受付中!

5曲入りnew mini album「hallelujah ep」発売中。

2017.9.6 SetList,Live Info更新。
Musicページ更新!6/3から販売開始した「hallelujah ep」を全曲upしました。


バンド公式Facebook完成!

pleaseイイね!



2014年3月27日木曜日

内弁慶

ビリーが3歳になった。

犬の3歳は人間で言う28歳らしい。
その割には全然落ち着いてないが、人の事、いや犬の事を言える立場ではないので、
元気でいてくれる事に感謝しよう。



春はお別れの季節であり、そして新しい旅立ちの季節です。

みんなそれぞれの道をそれぞれの方法で歩くのであります。


俺も頑張ろう。

加賀山






次回ライブは4月7日(月)下北沢DAISY BAR!




2014年3月25日火曜日

女王フローズン

大絶賛公開中のアナと雪の女王を見た。
凄い大人気の作品だし、まだ見てない人もいるだろうから内容についてはここではあまり触れないけど、凄く感動した。

凄くいい作品だったと思うけど、元々はどちらかといえばミュージカル形式の映画ってあまり好きじゃない。
なんでかは分からないけどね。

それでもアナと雪の女王は、かなり楽しめた。


この曲が、結構好き。


劇中に出てくる曲なんだけど、これの47秒のところの男性パートの入り方が、好み。


レイ


ちなみに、アナと雪の女王の原題はFROZENって言うらしい。
邦題には良くあることだけど、変えすぎだろ。

2014年3月20日木曜日

サウナ入りたーい

TOKIOがサマソニに出演するらしい。

俺、アークティックの日に行く事は決めている。
アークティックは確実にマリンステージのトリだ。

TOKIOはどうだろう?

日本における国民的知名度はアークティックの比ではない。
マリンステージの準トリとか普通にありえる。

もし仮に見るハメにあったら。。。



俺すんげーはしゃぐだろうな(笑)

長瀬君にマイク向けられて
「オンリーユッ!!!!」
って叫んでる自分が容易に想像できてしまう。

ビーアンビシャスをバックに全力疾走とかしかねない(新幹線をイメージ)


TOKIOって嫌いな人いない印象がある。そしてそれは多分当たってるような気がする。


何はともあれ、


タイムテーブル頼むぞ!!
クリエイティブマン!
マジで!!


みと

2014年3月18日火曜日

遅くなったけど、9日のライブ来てくれた人たち、CD買ってくれた人たち、どうもありがとう。

いいバンドばかりで楽しかった。

あれから一週間。なんだか遠い昔にも感じる。
この一週間は何故かフラワーカンパニーズをよく聞いている。

とにもかくにも歌詞が最高。
僕には絶対にかけないタイプの歌詞なので、羨ましさを通り越して、
もうお手上げ状態で賞賛を送りたい。

日本語で歌詞を書くという事は、こういう事なんだと思わされる。

そんでもってそのメッセージ性に隠れているけど実はもの凄く曲がいいし、
演奏も歌もうまい。

もっと売れるべきバンドだと思うんだけど。。

代表曲の「深夜高速」も最高だが、僕は「この胸の中だけ」という曲と
「エンドロール」という曲が特に好きだ。

皆さんもお時間あるとき聞いてみてくださいな。

加賀山

あ、人のバンドの宣伝してる場合ではない…

THE VISION次回ライブは
4月7日下北沢DAISY BAR!!!!!!!!!
かますぜ。


2014年3月14日金曜日

競歩インポータンス

突然ですが、最近ふと疑問に思ってることがある。

それは


「競歩の存在意義が分からない」


ということ。

もし、人生をかけて競歩に臨んでいる人がこれをみたらもしかした、大変お怒りになるかもしれない。

それでも、僕には競歩の存在意義が分からない。


たまにふざけて競歩で出来るだけ急いでみたりする。
最初は、「お!意外と早く歩けるな!」と思うんだけど、ある段階から「でもこれ、絶対走った方がいい!!」という衝動にかられる。


そう、絶対普通に走った方が速い。


いわばみんなが同じハンデ戦をやってるようなものだ。

だったらみんなが全力で走った方が、いいんじゃないか。
だってその方が速いんだもん。

本当はもっと速く走れるのに、それを出来ないもどかしさ。

ハンデ戦ならみんなが同じ重さの重りを背負って走る、重量運びマラソンみたいなやつの方がまだ分かる。

だってそれは全力で走るんだもん。


なんかその、本当はもっと速く走れるのに、自分でセーブした状態でいかに速く歩くか。
というのがしっくりこない。


競歩の選手からしたら失礼極まりないだろうが、本当に疑問。

世界一の競歩ランナーになれるよ!
って言われても多分やらない。


競歩に人生をかけてる人は、何をもって競歩に、充実感を見出しているのか。

謎は尽きない。

本当に失礼だと思うけど、怒らずに誰か教えて。


レイ

2014年3月11日火曜日

今日は東北新幹線に乗って新白河駅ってとこに行った。

一日くたくたになったけど、この場でちっぽけながら仕事してこの町の社会の一部になれたことに喜びを感じた。

ラーメンがうまかった。

スタバはどこで飲んでもスタバだななんて事までなんだか嬉しい。


でも斜め右を向くと
大切な人や故郷を失って、今でも苦しんでる人がたくさんいる

解決してないことだって多い


被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

しっかり生きよう


みと

2014年3月8日土曜日

レゲエの神様君臨

最近、ある事に気が付いた。

写真の中のCDのジャケットの共通点。

そう、ジャケットが顔(もしくは顔の絵)のものには、俗に言う「名盤」が多いのである。

アークティックの1st、ジョンレノンのimagine、U2のWAR、RadioheadのThe Bends、キングクリムゾンにボブディラン、Doorsにスミス……

ロック史に刻まれる名盤達に、顔アップのジャケットは非常に多い。



僕の家のCDからざっと選んだだけでこんなにあるのだから、まだまだこの手のジャケットは多いと思われる。

やはりインパクトが強いからなのか。
そもそも作り手としても中身に相当自信がないと顔アップのジャケットにはなかなか出来ないだろう。

とにもかくにも、顔ジャケには名盤名作が多い気がするし、
実際「顔ジャケ名盤説」なんてものも世の中にあるとかないとか。。。

こうなったら俺らも顔ジャケ作るしかない!
と思い、自分の顔アップ画像を探してみた。


結果。



















タイトル「ボブマーリー?人違いじゃないっすか?」

あかん。これはあかんよ。
ちなみにこの画像、私自身である事は認めるが、
いつどのような状況で撮ったのか等の、くだらない質問は一切受け付けない。

顔ジャケ名盤説はやっぱり嘘だ。
こんなジャケットじゃ、どんなに中身が名盤でも、どんなにいいライブしても
誰も手にとってくれない。。

そもそも、こんなジャケット誰も印刷してくれない。

却下。

-----------------------------------------------

3月9日(日)下北沢DAISYBAR
我々は19時10分から。

5曲入りの新しいCD持っていきます。

…ジャケットは…

来てのお楽しみだ。

加賀山

2014年3月6日木曜日

反応アレルギー

毎年毎年この時期になると、原因不明の鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状に悩まされてるんだけど、なんなんだろう。

人にその話をするとみんなが、口を揃えてアレじゃない?って言ってくるんだけど、全然ピンと来ないなー。


っていう、なるべくアレだと認めない作戦を毎年やってるんだけど、今年も諦めて薬を買ったから認めます。

僕はアレです。


レイ

2014年3月2日日曜日

ずっきんずっきん

親知らずが定期的に疼く。
今は痛みのピークで、バファリン無しではやってられない。

いい加減抜かないとなぁ。
生え方が特殊なもので、一筋縄ではいかないのが躊躇ってしまう。

なんか流れが悪い感じがする。ぶちっと切り替えたい。

そんな時こそサウナ!
なんだぜ。

みと