バンド公式Twitterアカウント発足!
気軽にフォローミー!!






次回ライブは
8月2日(水)下北沢Daisybar

チケット予約
thevision555@gmail.com
にて受付中!

5曲入りnew mini album「hallelujah ep」発売中。

2017.7.10 SetList,Live Info更新。
Musicページ更新!6/3から販売開始した「hallelujah ep」を全曲upしました。


バンド公式Facebook完成!

pleaseイイね!



2013年10月31日木曜日

過剰

先日のレコーディングの合間に、壮君が近くに美味いラーメン屋があるというので、3人で行ってみた。

店に入るや否や「いらっしゃいませ〜!」とかなり明るい元気な声と笑顔で迎えてくれた。
その感じの良さからなのか、お昼時だったからなのか、店内はとても混雑していた。

こっちが恐縮してしまうくらい申し訳なさそうに
「申〜し訳ございません!少々お待ちくださいますか」
と言われたが、ラーメン屋なので回転もよく、すぐに席に案内された。

ぃらっしゃいませ〜!!!(店員A)

という大きな挨拶に続いて

ぃらっしゃいませ〜〜!!!(店員全員)

と店員全員が返す。

他のお客さんが帰ろうとすると

ぁりがとうございました〜!(店員B)

ぁりがとうございましたぁ〜〜!!(店員全員)

と続く。

始めは元気なお店だなぁと思っていたのだが、これが続きすぎて、
ただただうるさいと感じる様になった。

バリカタ油多め一丁ぉぉ〜!!!(店員C)

バリカタ油多め一丁ぉぉぉ〜〜!!!!(店員全員)

当然注文もこのフォーマットでやりとりされる。


俺「そういえばこの間さ…ぃらっしゃいませぇぇ〜〜!!!!!(店員D)

三戸「えっ?何?聞こえな…ぁりがとう〜ございましたぁぁぁ〜!!!!(店員全員)

…当然こうなる。

あい!麺普通油少なめ一丁ぉぉ〜!!!!!
ぁりがとうございまぁす!!!

怒号は止まる事を知らない。
僕たちは途中から会話を諦めて、ただただ麺をすすった。

長時間スタジオに籠っていたので、気分転換をしたかったのだが、
バンド演奏している時の方が静かなのではないかと思った。

解りやすくするため数値に表すとこんな感じだと思う。

120デシベル ・飛行機のエンジンの近く
110デシベル ・自動車の警笛(前方2m)・リベット打ち ・このラーメン屋 
100デシベル ・電車が通るときのガードの下
 90デシベル ・犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ
 80デシベル ・地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ(正面1m)
 70デシベル ・ステレオ(正面1m、夜間)・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭
 60デシベル ・静かな乗用車・普通の会話
 50デシベル ・静かな事務所・クーラー(屋外機、始動時)
 40デシベル ・市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼
 30デシベル ・郊外の深夜・ささやき声
 20デシベル ・木の葉のふれあう音・置時計の秒針の音(前方1m)


そして時々聞こえる有線放送から
藤井フミヤ「ANOTHER ORION」、T-BOLAN「じれったい愛」といった、往年のジャパニーズポップバラードが流れていたが、これが本当に切なくさせた。
カオス感10000%。

確か味は悪くなかったと思うのだが、それはもはやもう覚えていない。

過剰なサービスは、いただけない。

加賀山

ちなみにこの文章は決して過剰表現ではない。

過剰なサービスと言えばこの動画。
最高に笑える。


2013年10月27日日曜日

二曲レコーディング

今日は、横浜のスタジオに篭って三人でセルフレコーディングしてます!

静かな開幕の曲と、VISION史上最も勢いのある曲の二曲!

どういう形で披露するかはまだ未定だけど、いい感じだから楽しみにしててね。

レコーディングってちょっといつもと違うテンションだから楽しい。


予約の都合上2時間くらい空き時間があったんだけど、その空き時間はモンハンをやるオレ、寝ようと試みるもモゾモゾする加賀山、スタジオのロビーだろうと熟睡するミト、の三本立てだった。


レイ

2013年10月25日金曜日

明後日レコーディングするよ

毎週末スーパーで食材を買い込むんですが、スタメンが固定化してきました。

キャベツ
ピーマン
ナス
エリンギ
豚バラ
牛豚挽き肉
ソーセージかベーコン

牛乳
アイスコーヒー
ビール


毎週これを買ってしまいます

理由は明確で、そこそこ日持ちして火が通りやすいからです(飲料除く)。


こいつらを何とか毎日違うもの風に仕立てて誤魔化しながら食べてます。
最近の三戸さんは上記の食材で出来てるといって差し支えありません。

なんか他に扱いやすい食材あったら教えてほしいです。


あと…僕はやっぱり、お菓子コーナーを見過ごす事が出来ませんっ!!!

買っちゃうんです(泣)

ポテトチップスとチョコレートとおかきを…買っちゃうんです。

みと

2013年10月21日月曜日

モミアゲ

THE VISIONに足りないものはまだまだ沢山あるが、その中の一つである事は間違いないもの。
「色気」を探す旅に出た。
とりあえず僕の中で、色気のある男=ゴッドファーザーのマイケルなので、マイケルを演じているアルパチーノの映画を見まくっている。
その中で出会った「狼達の午後」という映画が、とても面白かった。

アルパチーノ演じる主人公が銀行強盗に入り、当然のごとく包囲されてしまうのだが、
この主人公がなかなかのユーモアと茶目っ気の持ち主で、なんだか憎めなくて、警察とのやりとりの中で何故か国民の人気者になっちゃって…

みたいな。全然解らないと思いますが。。
ちなみに実話らしい。

正直、この映画の中のアルパチーノはお茶目さ全開で、あまり「色気」というものは無いが(笑)それでも相変わらず顔面がくそ男前だし、その演技力はハンパ無かった。

しかし、この映画を見ていて気付いたのだが、実はアルパチーノは背がもの凄く低くて、足も短い。なんか全身のアングルで見ると、非常にコミカルなのだ。

それなのに、この色気。

ずりぃとしか言いようが無い。

そういえば僕がもう一人の色気キングだと思っているロバートデニーロは、スタイルは抜群にいいのだが、逆に顔は特別美男子というわけではない気もする。

ジョントラボルタに至っては、??ポイントというか、ツッコミどころ満載ですらある。(笑)

風貌を超越した魅力。
それこそが色気なのだろう。

まだまだ旅は続きそうだ。

加賀山

8月のFIREJAMのライブ動画です。
共演したaroundの友人U氏が録ってくれたものを軽く加工させて頂きました。
ご覧あれ。








2013年10月17日木曜日

結果グランプリ

この前から何度か書いていた「あつあつグランプリ」の本戦に行って来た!
神奈川代表として!


準決勝は八人で、四つのグループに別れ、その中の一位たちが四人で決勝をするというルールだったんだけど、俺はグループ二位で惜しくも通過出来ず、ベスト8止まりでした。
悔しい!!

自分も含め、みんなビックリするくらい熱い気持ちで臨んでて、いい経験になった。

非常に悔しかった。


と、思ったけど。
むしろその熱い気持ちを出すべきは、VISIONでじゃん!
と思い直したので、忘れます。

ということで、普通のバンドマンに戻ります!


レイ

2013年10月7日月曜日

ジャパニーズドリーム

今日は凱旋門賞。
競馬世界一を決めるレースだった。

日本からはオルフェーブルとキズナの2頭が出走。
一番人気と二番人気というもの凄い状況。

そう、今回の日記は

おっしゃああああああああ!
やったぜ日本!
見たか世界この野郎!

うひょひょ〜☆★

という文章になるはずだった。


…が、結果2着と4着。

もう悔しくて、涙でキーボードが見えない状況。
勝たせてあげたかった…。

このショックはしばらくひきずりそうだけど、
凱旋門賞で2着と4着なんて、少し前までは考えられない状況な訳で、
やっぱりオルフェーブルもキズナもかっこよかった。

キズナはまた来年も行ける!
期待してるぜ!

しかし勝ったトレヴという馬は強かったな…。

ライブを見に行ったアーティストや、見た映画の主人公に感化されやすい僕は、すぐに
「○○になりてぇ!」とか「××の様な格好をしよう!」
となるのだが、今日は

「馬になりてぇ」

と思いました。
それくらいかっこ良かったです。

加賀山



2013年10月4日金曜日

2013年10月1日火曜日

トレンディ以外でお願いします

最近良作に触れて感化されたのか
次の回を楽しみにするワクワク感を求めているのか
元々好きだからなのか


ただいま、ビジョンのドラムは連ドラブームです。
良い連ドラが観たい!
でもあんまり情報をもってない。。

皆さん、おすすめの連ドラ教えてください。
近々会う方に対してはこちらから伺うと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。


トラッドフォーク界きっての連ドラティーチャー加賀山さんには早速お伺いをたてさせていただきました。

いの一番に『あまちゃん』と言われ(レンタルされてないじゃん…)なんて思いながらも、おすすめ作品をいくつかご教授いただきました。

そのなかの一つ『それでも、生きてゆく』を早速観賞。
内容がスーパーヘビー級で、よくこれをテレビでやったもんだと感じたと同時に、役者の殺気じみた演技に引き込まれました。
特に大竹しのぶが凄まじくて、あまりの迫力に絶句。
ある線を超えた凄まじい表現者を目の当たりにすると、僕は涙がでてしまう。それはどんな表現方法であれ変わらないものです。
音楽もスポーツも一緒です。

引き込まれすぎて、昨晩ほぼ徹夜で全部観てしまった。
1週間かけてじっくり観ようと思ってたのに…
毎日帰ったら次の回を観れるっていうワクワクを楽しむつもりだったのに…

今日スタジオなのに…マジ眠いよ…

それほどの作品だったって事かな。さすがは加賀山さん。
サンキュービューテイフルティーチャー!

次はなんにしようかなー

三戸